ミュゼ 所沢

リバウンドが起きるメカニズムについて

リバウンドが発声するメカニズムとは、果たしてどのようなものでしょう。大幅なカロリー制限をしていると、リバウンドがしやすくなるといいます。言葉の上では知っていても、リバウンドをすることと、食事を減らすこととの関わりが、どこにあるかわからないという方もいます。また、リバウンドのメカニズムを理解すると、リバウンドしにくいダイエット方法を実践しやすくなります。ダイエットのメカニズムとは、一旦は少なくした体重が、急激に元どおりになってしまうということです。人間の体が備えているホメオスタシスという機能が、リバウンドのメカニズムと関わっています。ホメオスタシスとは、環境などに左右されずに体の機能を一定に保とうとする体機能です。体温などが代表的なもので、体は暑い日でも、寒い日でも、体温を一定に保とうとします。ホメオスタシスがあるために、いきなり食事の量が少なくなっても、人の体は急に体重が変わりません。代謝を下げることで、バランスを取ります。ホメオスタシスが機能する典型例が、遭難した時です。食事の補給が途絶えた場合、不要なエネルギーを使ってしまうことがないように、人体はホメオスタシスが作用して活動に必要になるカロリー量を少なくします。そのため新陳代謝が低下し、摂取カロリーは使わずに貯め込もうとします。カロリーを体内に蓄積するモードに入っている時に、ダイエット以前の食生活に戻った場合、余剰カロリーは体の中にそっくり残るという形になってしまいます。これがリバウンドのメカニズムです。リバウンドのメカニズムをよく知っておくことで、ダイエット後にリバウンドが起きないようにするにはどこに気をつければいいかがわかるようになることでしょう。

 

ミュゼ 所沢のページはこちらです。