ミュゼ 所沢

頬のたるみの原因

年齢によって人体には様々な影響が出ますが、そのうちの1つに、肌の弾力性が失われたことによる頬のたるみがあります。コラーゲンの生成によって、肌は弾力が維持されています。人間の体はある程度は自前でコラーゲンを作ることができますが、年を取るとコラーゲンの量が減り、たるみの原因になります。若い頃は皮膚の隅々まで送り届けられていた栄養成分が、年齢と共に血流が悪くなって流れづらくなり、コラーゲンの生成が追いつかなくなるようです。頬のたるみのほかにも、皮膚のたるみの出方はあります。日々のストレスや紫外線等による影響など、活性酸素が発生した場合におきるコラーゲンの破壊も要因のひとつとされています。体重が増えるなどで皮膚の内側の脂肪が多くなると、重くなったぶんの皮膚が下に引かれてたるみになります。急激に痩せると皮膚が余ることによりたるんでしまうケースがあり、急激なダイエット急激な肥満も要注意です。皮膚の下に存在していた表情筋が、皮膚の弾力がなくなったことで支えを失い、たるみになることもあります。高齢になると顔の皮膚をキープしていた筋肉が細くなり、それが頬のたるみになります。また、むくみがたるみになることもあります。きちんとしたケアを行わずに余分な水分を身体に溜め込み続けると顔だけではなく身体全体が少しずつ蓄積されて水分の重みでしたに垂れ下がってしまいます。結果頬のたるみとなり、ブルドックの様な頬へとつながるとされています。

 

トップページに戻る