ミュゼ 所沢

フェイスリフトのデメリット

フェイスリフトはどのような注意点があるでしょうか。フェイスリフトを受けることで、加齢と共に増えるしわやたるみを減らすことが可能です。フェイスリフトは皮膚を切ったり縫ったりするため、ある程度は危険性を伴います。フェイスリフトの多くはメスで切開するので、100%傷になります。傷はできるだけ見立たないようにつけるのですが、見る人が見たら間違いなくわかるものです。メスを使わない方法もありますが、メスを使う方が効果が期待できます。メスを入れ、筋肉や靭帯の位置を整えるフェイスリフトは確実性が期待できますが、術後の痛みや長く続く腫れなどがネックです。フェイスリフトには様々な方法があり、特殊な糸、リボン、プレートなどを皮膚の中に入れて皮膚を引き上げる方法もあります。この方法ならメス不要なものもあり、最小限しか切らずに済む方法もあります。術後の回復がとても早く、フェイスリフト手術の翌日からは仕事に行けるなど、周囲に気づかれにくいフェイスリフトといえるでしょう。切開しないフェイスリフトよりは、メスを使う方法より効果は低く、持続効果も5〜20年くらいなど永久ではありません。フェイスリフトは顔の神経を傷つけてしまう恐れもあります。最悪、施術後表情が変わったり、まぶたが閉じにくくなることもあります。できるだけ実績の多いクリニックで行ったほうが、フェイスリフトのリスクは少なくなります。

 

ミュゼ 所沢のページはこちらです。