ミュゼ 所沢

クレンジングジェルの特徴

ジェル状のクレンジング剤を使う人は多いようです。半透明か透明のクレンジングジェルが大半ですが、手で伸ばすとクレンジングオイルのような見た目になることもあります。強くこすらずとも使えて、ぬるま湯でサッと洗い流せるクレンジングジェルは、肌への刺激がマイルドです。クレンジングジェルには、オイル型と高分子型の大きく2種類があります。オイル型は、オイルクレンジングと同じ原理です。水やぬるま湯で汚れをすすぎ流せるように、オイルの界面活性作用で化粧汚れや油脂汚れを乳化させます。メイク汚れや皮脂汚れを水溶性高分子で除去するタイプが高分子型のジェルです。クレンジングジェルは、適度に水分を残し、皮脂の分泌量を調整してくれる効果があります。皮膚のくすみ対策をしたい方や、皮脂を減らしたい人にはクレンジングジェルがおすすめです。クレンジング後の肌の感覚はオイル状とジェル状とでは違うので、オイルを使い慣れているとジェルは汚れが落ちていないような気がするといいます。オイルに含まれる界面活性剤は肌のバリア効果や肌のタンパク質にダメージを与えることがあるので、敏感肌の人には高分子型のクレンジングジェルが向いています。クレンジング剤を決める時は、オイルとジェルの違いにも注意を向けてください。

 

ミュゼ 所沢のページはこちらです。