ミュゼ 遅刻

ミュゼプラチナムの予約に遅刻しそうなときはどうする?

 

「ミュゼプラチナムで予約を取っていたのに、遅れそう!」
というときはどうしたら良いのでしょうか?

 

遅刻するのが確実だというときには、
キャンセル手続きをしましょう。

 

コールセンターに電話してキャンセルの手続きをするか、
オンラインでキャンセルしてください。

 

パソコン・携帯電話・スマホ・タブレットの
マイサイトからオンラインで手続きが可能です。

 

コールセンターはつながりにくい時間帯もありますから、
ネットから自分で手続きをした方が良い場合もあるでしょう。

 

「十分より長く遅れてしまうか」が、
キャンセルするかどうかのの分かれ目となります。

 

ミュゼでは予約の時刻より10分以上経っても会員が来ないときには、
予約解消の処置をします。

 

脱毛サロンによっては、遅刻した分だけ施術の時間を短くすることで
対応してくれるところもありますが、ミュゼプラチナムでは10分遅刻で予約取り消しです。

 

間に合うかどうか分からないときには、
急いで走って10分以上遅刻してしまうよりも、
キャンセルした方が良いでしょう。

 

ギリギリでOKの場合もあるでしょうが、
急いでいて事故でも起こしたら大変です。

 

ミュゼプラチナムは当日に予約を取り消してもキャンセル料は取られません。

 

他のエステではキャンセル料が発生するところがほとんどですので、、
そこは寛容な対応ですね。

 

ミュゼの遅刻ペナルティーは厳しいのかどうか

 

「たった10分の遅刻」と思うかどうかは人によって違うかも知れませんが、
ミュゼでは10分遅刻すると予約が取り消されてしまいます。

 

これを聞いて「厳しい」と感じる人もいたでしょう。

 

一般的なサロンは施術時間を短くして
対応してくれるところが多いですからね。

 

でも、ミュゼは他のエステサロンと比べて遅刻に関するルールは緩いです。

 

キャンセルされても、ペナルティーがかかることはないからです。

 

会員が追加で料金を払う必要が一切ないのです。

 

当日でもキャンセル料がかからないというのは
かなり寛大な処置だといえるでしょう。

 

普通のエステのような、遅れた分を施術時間を減らして対応する決まりだと、
予約が中止にならなくなることはあっても納得てできるエステが受けられません。

 

結局のところ自分が損をすることになるのです。

 

そもそも脱毛施術は、毛周期の関係で
同じ部位は2ヶ月か3ヶ月に1度しか施術できません。

 

どこを脱毛するかによっても違いますが、
1年くらいかけて処理していくわけです。

 

なるべく短い期間で脱毛を完了させたいと思う人がほとんどでしょうから、
1回1回の施術を時間通り目一杯やってもらいたいはずです。

 

遅刻して施術時間が短くなれば
当然のように施術できる範囲は狭くなりますし、
スタッフも会員側もあわただしくなります。

 

施術時間は1回につき30分から1時間程度ですが、
ワキだけの場合は、両ワキで5分程度で完了です。

 

遅刻した分だけ施術が短くなる決まりのサロンでは、
部位によってはほんの数分で終わりにされるケースもあるのです。

 

予約時間に遅れないようにするのは大切なことですが、
どうしても急な用事が入ってしまうこともあるでしょう。

 

そんなとき、無理して行って短い施術をするのが良いのか、
ペナルティー料金を払うのが良いのかは人によって意見が分かれるところでしょう。

 

でも、キャンセル料金が一切かからないというミュゼのシステムは、
かなり良心的なのは間違いありません。

 

ミュゼ 所沢のページはこちらです。